ある意味、新しい挑戦です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回のマチザイノオト、準備にかなりの時間をいただきました。ある意味、新しい挑戦だからです。
今までの建物は、住宅や店舗として、ある程度の基盤整備をしているタイプの建物なのです。こんな当たり前のことですが、その「意味」が本質的に、よくわかっていませんでした。ここは認めます!!

この建物は、基本的に倉庫としての造りですから、配管、配線などは必要最低限のことしかしていません。じゃ、新築の家に、新設するみたいなもんじゃん!…というわけにもいきません。つまり、その中間的な、もっとも面倒な作業と位置付けられるのです。しょ、職人さん、ごめんなさい!
この件については、またあらためて、別の回で書きます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

仕切り直して、小さな「オフィスづくり」DIY中、、、相変わらず、ゆるゆるい文字が得意な西田の看板、使いまわしで定番化しました。内川DIY部隊が結成され、どんどんメンバーも増えてきました。今回は、富山県立大の学生さんで、地域づくりの研究をしているグループの4人が協力してくれました。そしてなんと、今回は自衛官の若者が2名!!頼もしいっす。

この現場の第1回目は、荷物の片付け、そして、壁の解体です。処分する荷物、けっこーあります。実はわたくし、タイヤを運んでいて、3年ぶりにやってしまいました。例のあれです、ギックリです。2年前からひねり体操を続けて、腰の調子が良くなり、すっかり気を抜いていました。ここ1ヶ月、さぼってしまった罰です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ということで、もう座ることができません。ギックリ腰って、じわーっと時間が経つと痛くなるんですよね。今日は、だまし、だまし、なんとかやり過ごしました。途中、いつものメンバーが、さっと来て1時間くらい手伝ってくれて、さっと帰っていったり、差し入れ持ってきてくれて、様子見て帰ったり、なんだかんだと賑やかな1日でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

荷物は1階に運んで、あとはハイエースに積むだけの状態に。それから、いよいよ壁の解体です。ここから事件が起きました。この辺りの町家は、隣とぴったりとくっついているため、ちょっとした振動が命取り!それなりに気を使って、あまり派手にガンガンと音を立てないようにしたつもりですが、作業をはじめて、すぐに両隣の方がやってきました。「もうちょっと静かに、そっとやってくれないか!」と注意を受けました。予想以上にお隣の壁にダメージがあるようです。バールでトントンとこちらの壁を叩くと、想像以上に響くそうなのです。

せっかく手伝いに来てくれた皆にも、神経使うような作業をさせてしまい、大変申し訳ない気持ちですが、やはり、お隣さんのことが第一です。その後、どうやったら、響かずにできるか、色々と工夫をしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこへ救世主が…。なんと、お隣さんの息子さんが、解体の仕事をされていたようで、様子を見に来たついでに、壁の壊し方をレクチャーしてくださいました。バールの先端で、グリグリと穴を空け、そこに曲がったほうの先端をツッコミ、ぐいぐい、手前に引っ張る、すると、ある程度の塊の壁がゴソッと外れます。おーっと、歓声があがり、希望の光が差し込んできたのが見えました♫

それから、その応用編として、さらに色々な方法を編み出し、完全攻略法を確率しました。もう、振動もなく、作業的にもスピードアップしました。隣のお兄さん、ありがとう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

壁の大半は、その日のうちに壊すことができました。あとは、解体した壁の処分です。あと、ゴミもいっぱいある。ハイエースのピストンで、いったい何往復するのか?!では、皆さん、お疲れ様でした。これに懲りずにまた来てください。今日は、とにかく、まったく役に立たないわたしでした。


明石 博之

明石 博之

[組織] (株)地域交流センター企画
[役職] 代表取締役
[職業]場づくりコーディネーター

1971年広島県因島市(現尾道市)生まれ。多摩美術大学でプロダクトデザインを学ぶ。大学を卒業後、株式会社地域交流センター企画に入社。東京を拠点に、全国各地のまちづくりプロジェクトのコーディネーションを行う。2009年に同社の代表取締役に就任。2010年に妻の故郷である富山県へ移住した以降は、自らがまちづくりの主体者として、歴史的建築物などの地域資源を活用した社会的なしくみづくり、ソーシャルビジネスの事業化に力を入れる。

■ 関連記事