板張りの外観と、大好物について

どうですか!それっぽい外観になったと思いませんか?!このまちに似合うのは、漆喰塗りか下見板の壁だと思います。柿渋のムラ感が経年変化した板のように見えて、なかなかナイスな仕上げです。カタチになって見えてきたので、最近では、この建物の前に立って、ボーっと眺めている方をよく見かけます。その気持ち、わかります。間口9尺の建物に、わざわざ手を入れて、また使おうと誰が思いますか。

二階のオフィス部分の空間ですが、当初計画では、屋根裏が見えるように吹き抜けにする予定でした。暑さ寒さが厳しかろうと、可動天井など色々考えてみましたが、結局コストがかかってしまうため、天井を張ることに。しかし、この年季が入った梁をどうしても見せたい!という思いから、天井を梁の上まで持っていくことにしました。その梁だって、水平直角に走っているわけもなく、これまた大変な作業なんだと思います。軒桁のボックスは、配管スペースとなります。

歴史的建築物の活用でお世話になっている先生方がこれを見ると「えー、合板の大壁なのー?!」と驚かれるかもしれません。でも、大壁にして付け柱にすると、壁の中に筋交いバンバン入れてしまうより、揺れたときの柔軟性があるのか?と思いましたが、いかがなものでしょうか。いざとなれば、元に戻せる「可逆性」もありです。

で、どうしても壁のなかに収まりたくない柱がいます。こいつらです。建物が傾いているため、柱の足元が出たり、逆サイドの柱の頭が出たりと、垂直な壁には入りきらないわけなんです。こうゆうのは、マチザイノオト的に大好物と言えます。古い建物が、水平垂直の定規を当てられても、なお抵抗している感じ、愛くるしいです。…って、こういうことに共感してくださる方っているのでしょうか。

またもや大好物を発見しました!!壁の中に大きなイモムシが入っているので注意してください!!と説明しています。危ないです!…じゃなくて、正しくは「この裏のパイプスペースに換気扇のダクトが通っています、気を付けて!」という意味です。

わ、またまた発見!!壁にビスを打って、簡易の下履き掛けになっています。こういう現場の工夫(アイデア)がたまりません。となみ野建築さん、めちゃくちゃ几帳面で、いつも現場がキレイ。素晴らしいです。でも、こんなことばかりをマチザイノオトに書いてしまって、すみません。

これから毎回お伝えしますが、このオフィスを借りてみたいという方がいましたら、マチザイノオトのfacebookページにメッセージを下さい。興味があるけど、オフィスが完成してから考えるー、という方もぜひ早めにご検討ください。不動産情報に一般流通させてしまうと、あっという間に借り手がつくという自信があります♬


明石 博之

明石 博之

[組織] (株)地域交流センター企画
[役職] 代表取締役
[職業]場づくりコーディネーター

1971年広島県因島市(現尾道市)生まれ。多摩美術大学でプロダクトデザインを学ぶ。大学を卒業後、株式会社地域交流センター企画に入社。東京を拠点に、全国各地のまちづくりプロジェクトのコーディネーションを行う。2009年に同社の代表取締役に就任。2010年に妻の故郷である富山県へ移住した以降は、自らがまちづくりの主体者として、歴史的建築物などの地域資源を活用した社会的なしくみづくり、ソーシャルビジネスの事業化に力を入れる。

■ 関連記事