マチザイNo.2

「uchikawa六角堂」のキオク

  • 旧渋谷畳屋店〜ビフォアのための写真write 明石 博之

    411791_264689296964359_83920525_o

    あれですよ、アレ!
    いずれ、「なんと素晴らしいことでしょう」と言うために、この写真を残しておきます。

    最近になって、現地から漏れ聞こえてくる「いつになったら工事はじまるの…」という言葉にプレッシャーを感じております(汗)


  • 旧渋谷畳屋店〜目の前が曳山の見せ場write 明石 博之

    278051_264238197009469_183821715_o

    毎年10月に開催される新湊曳山まつりは、地元の人のテンションが最高潮に達する日。各町内から出てくる曳山がズラリと勢ぞろいして、いなカフェになる旧渋谷畳屋店の目の前を通過します。

    いなカフェが完成したら、年に一度のプレミアムイベントを特等席で見れるわけです。

    … それにしても、新湊の人たちの根底に流れる荒々しいお祭り好きの血が騒ぐ、大迫力の曳山まつりは一見の価値アリです!


  • 旧渋谷畳屋店~畳屋のキオクwrite 明石 博之

    458645_262892347144054_179308467_o

    こちらのお宅は現状引き渡し、という条件で譲ってもらいましたから、中は当時のまんま。あらためてじっくりと眺めてみると、カレンダーは1998年で更新されておらず、郵便物は2003年でストップしているということに気付きました。

    これ、畳をつくる機械です。処分するつもりはありませぬ。
    何に使うか、こればっかりはカフェが完成してからのお楽しみです♪


  • 旧渋谷畳屋店〜汗ダラダラの測量write 明石 博之

    622520_269672376466051_1071907116_o

    詳細な図面を起こすために、建築家の濱田さんが建物の測量をはじめました。

    「汗ダラダラ」とは測っている二人ではなく、僕のことです(笑)
    超がつく暑がり&汗っかき!気温35℃、もうたまりません…。

    この建物、そもそも図面というものが存在しません。柱の真―真を1か所づつ測ってご苦労されているなか、「そんなもんで設計出来ちゃうんだぁ」と、僕の関心事は、お二人とは違う世界にありました。

    あぁ、巻尺たるんでるし~とか、斜めに伸びてるし~とか、横で見ていて小姑のような気分でしたが、よく考えればもともと大工さんの経験と勘で現場合わせ的につくった建物でしょうから。

    そして、最後の「んん、はいはい、了解」という濱田さんの自信満々なひとことで妙に安心したのであります♪ 

    グッドデザイン賞を受賞したこの方、やっぱりタダもんじゃないみたいですよ。


湊町の畳屋だった築70年の古民家ノネタ