湊町の畳屋だった築70年の古民家 マチザイNo.2

rokkaku_1

その素敵な建物壊すの、ちょっと待った!

射水市放生津地区(旧新湊)の内川沿いに現存する街並みの歴史は、おおよそ70~80年ほど。下見の板壁に 、ギラギラ光る黒い瓦屋根、まっすぐのラインを見つけることが難しいほど反り、うねった建物の寿命は、そう長くありません。すでに新湊地区のあちこちで、古い家屋の取り壊しが始まっています。この奇跡も100年で終わってしまうのかと思うと、“惜しい ”という気持ち以外に適切な表現はありません。それに待った!をかけたい一心で探し、譲っていただいたのが六角形をした不思議なカタチの空き家。営業をやめてから15年ほど経過した畳屋さんです。

rokkaku_2

Reデザイン・プロジェクト、始動。

内川沿いの地域では、街並みの保存とまち歩きを進めていこうという動きがあるようです。そこで考えたのが、「なるほど、こういう素敵な空き家の使い方があるね」と、真似したくなるモデルをつくること。それが湊町にあるカフェです。もちろん、人通りなんてありません。でも「ちょっと、カフェでお茶しよう」という動機で内川に足を運んでくれる人が増えれば、結果的に地域のにぎわいも生まれる、と思ったのです。持ち主さんとの交渉、地域の皆さんのご理解、店としての魅力づくり、経営計画、人材確保、そして資金調達…、前途多難は十分承知でスタート!結果的に構想からオープンまで約2年半かかりました。

rokkaku_3

明石 博之

明石 博之

[組織] (株)地域交流センター企画
[役職] 代表取締役
[職業]まちづくりコーディネーター

1971年広島県因島市(現尾道市)生まれ。多摩美術大学でプロダクトデザインを学ぶ。大学を卒業後、株式会社地域交流センター企画に入社。東京を拠点に、全国各地のまちづくりプロジェクトのコーディネーションを行う。2009年に同社の代表取締役に就任。2010年に妻の故郷である富山県へ移住した以降は、自らがまちづくりの主体者として、歴史的建築物などの地域資源を活用した社会的なしくみづくり、ソーシャルビジネスの事業化に力を入れる。

■ 関連記事