木を並べて、パターンを考えてみる

IMG_0541

おきがえ処「KIPPO」の内川沿いの玄関は、町並みと溶け込み過ぎないよう、昭和レトロな感じはそのままに、少しだけ遊んでみようと思います。
新しく造った玄関ポーチの軒下より下の部分の外装に、色んな長さや素材の木材をペタペタと貼っていきます。uchikawa六角堂の内装のような感じですが、今度は縦位置です。しかも、建具屋さんから頂いた古材です。良い感じで経年変化したものばかりです。
配置のデザインパターンを大工さんに伝えるため、今日は半日かけて、床で仮組みしてみました。明日は、それを大工さんに、床から壁へと「コピペ」してもらいます。パソコンの中のデザインではなく、微妙に寸法が合わなかったりする木材並べをやってみると、普段とは違う部分の脳みそを使った気がします。汗だくで夢中になって、夏休みの工作のような楽しい時間でした。


明石 博之

明石 博之

[組織] (株)地域交流センター企画
[役職] 代表取締役
[職業]まちづくりコーディネーター

1971年広島県因島市(現尾道市)生まれ。多摩美術大学でプロダクトデザインを学ぶ。大学を卒業後、株式会社地域交流センター企画に入社。東京を拠点に、全国各地のまちづくりプロジェクトのコーディネーションを行う。2009年に同社の代表取締役に就任。2010年に妻の故郷である富山県へ移住した以降は、自らがまちづくりの主体者として、歴史的建築物などの地域資源を活用した社会的なしくみづくり、ソーシャルビジネスの事業化に力を入れる。

■ 関連記事