幅の狭い、9尺の町家SOHO マチザイNo.7

D71_9672

新湊ならではの狭さ

確かに、1軒間口の建物は、新湊では珍しくありません。でも、生活をする空間としての1軒間口は、あまりにも狭すぎます。しかし、もう半軒(3尺)広がるだけで、事情がガラッと変わります。1軒と1軒半との間には、使い勝手として、かなりの開きがあります。その代表例が、クルマの駐車場として使えるかどうか、という瀬戸際です。だからこそ、ここまで生き残ってきたのです。そしてこの佇まい、なんとも愛らしいではありませんか。この建物は間口が9尺で、しかも「つし二階」の古い町家に両側から挟まれているものですから、余計に細長ノッポに見えます。「僕、頑張ってます」感があります。

D71_9745

マチザイノオトは突然に

ある日、たまたま大阪から新湊に戻って来られていた、この建物の持ち主さんとお会いしました。現在は、屋根付きの貸し駐車場として利用している建物があって、屋根に穴が開いているし、建物の管理も大変だし、更地にすることも考えようかしら…、という話をお聞きしたので、その建物を一度拝見させて頂くことにしました。
で、見てビックリ!リデザインするにはモッテコイの建物だったのです。もともと倉庫として利用されていた分、シンプルな構造だし、既存建材を解体するコストも安く、しかも二階の床があります。躯体もしっかり、いい感じで古さをキープしてます。これはもう、駐車場付きのSOHOにピッタリ!パソコン1つで仕事ができるクリエーターが移住してきて、仕事をする拠点になる!と直観的に思いました。

D71_9699

何度見ても、萌える屋根組

階段を登ってみると、二階には、こんな風景が広がっていました。実際にここを所有されているのは、先ほど「持ち主さん」と言った方のお母さまです。なので、持ち主さんは、この日はじめて、二階を見たそうです。確かに屋根裏を見上げると、所々に青空が見えます。今日も天気良いです。
もしここで、この屋根組の梁柱を見ながら、窓を開けて、港町の風を感じながら仕事ができたら最高じゃん!という思いがこみ上げてきまして、ここをSOHOにしませんか!借りる方も見つけます!と提案しました。持ち主さんも、面白そうねとご賛同下さり、早速プランを練って、見積をしてみることとなりました。

D71_9696

昔の鳥かご、しかもこんなに沢山…

待ってました!グリーン・ノート・レーベルとしては、こういう物語性があるコンテンツが大好物なのです。これを見た持ち主さんから「あ、ここにもあったのね」的な一言。事情を聞いてみますと、昔、お父様がカナリアを沢山飼ってられたそうです。他の場所には、この数以上に鳥かごがあったそうです。カナリアで思い出すのは、カナリアイエローという色ですが、東京の山手線の車両に最初に使われたと聞いたことがあります。間違っていたらごめんなさい。

D71_9705

波トタンの外壁で、いつも思うこと

屋根組の部分は、壁がなく、外壁のトタンが丸見えです。ここもボツボツと穴が開いています。このトタンは、私たちが愛すべき建築素材の1つで、新湊の風景には欠かせないものです。しかし、実際に改修工事をする場合、錆びて穴の開いてしまったトタン板をどう扱うか、ここが悩ましいところです。ちなみに「トタン」は、ポルトガル語のTutanaga(亜鉛)が由来です。つまり、亜鉛で出来た鋼板です。最近は、ガルバリウムで出来た鋼板が主流で、わざわざトタン板を使う方は少ないと思います。しかし、そのトタン板でさえ、最近は塗装技術の進歩により、10年くらいでは錆びません。あぁ、波トタン、カッコいい…。錆びてしまうけど丈夫!というトタン鋼板はないものでしょうか。
というわけで、新しいマチザイノオトが始まります。


明石 博之

明石 博之

[組織] (株)地域交流センター企画
[役職] 代表取締役
[職業]まちづくりコーディネーター

1971年広島県因島市(現尾道市)生まれ。多摩美術大学でプロダクトデザインを学ぶ。大学を卒業後、株式会社地域交流センター企画に入社。東京を拠点に、全国各地のまちづくりプロジェクトのコーディネーションを行う。2009年に同社の代表取締役に就任。2010年に妻の故郷である富山県へ移住した以降は、自らがまちづくりの主体者として、歴史的建築物などの地域資源を活用した社会的なしくみづくり、ソーシャルビジネスの事業化に力を入れる。

■ 関連記事