1月22日、uchikawa六角堂が2歳に

10922766_586713134761972_754580354332608427_o

築70年の空き家だった古民家をカフェにリノベーション、早いもので、もう2年が経過しました。空き家時代の写真を見るといつも「ちょっとした、何かのすれ違いによって、ここが取り壊されていたかもしれない」と思ってしまいます。

多少は内川の賑わいづくりに貢献できたか、お一人でも古民家を活用してみようというキッカケを与えることができたか、成果の程はわかりませんが、コンセプトを忘れず、もっと志を高く、これからも頑張ります!

そして、当然ながら、いつも安全で美味しいカフェメニューを提供いたします。味の改善にトライしている荒屋カレーはもう少しお待ちください。

このカフェの立ち上げによって「ご縁」というものを強く意識するようになりました。努力と思いだけでは叶わないものがあると実感するのであります。

いつもお世話になっている皆様、今後ともどうぞ宜しくお願いします。


明石 博之

明石 博之

[組織] グリーンノートレーベル(株)
[役職] 代表取締役
[職業]場ヅクル・プロデューサー

1971年広島県尾道市(旧因島市)生まれ。多摩美術大学でプロダクトデザインを学ぶ。大学を卒業後、まちづくりコンサル会社に入社。全国各地を飛び回るうちに自らがローカルプレイヤーになることに憧れ、2010年に妻の故郷である富山県へ移住。漁師町で出会った古民家をカフェにリノベした経験をキッカケに秘密基地的な「場」をつくるおもしろさに目覚める。その後〈マチザイノオト〉プロジェクトを立ち上げ、まちの価値を拡大する「場」のプロデュース・空間デザインを仕事の軸として、富山のまちづくりに取り組んでいる。

■ 関連記事