海の見えるビアカフェBREWMIN、ついにOPEN!!

海辺の空きビルをリノベして、美味しいビールの店をつくるプロジェクトがはじまってから約1年。
2018年、4月11日、ついにオープンしました!こちら、電気メーターボックスを利用したお店の看板です。

氷見では浮きまくってしまうほどのカッコいいお店になりました!皆さん、ビールはお好きですか?
無理やり天井の鉄骨を見せるようにしたり、スチールフェンスを使ってみたりして、インダストリーな雰囲気を出しました。ここはビールの醸造所なので、やはりファクトリー感が似合うかなーと思います。デザインのベースはオーナーの奥様のリクエストに応じて、考えてみました。

外観はこんな感じです。外装を塗り直して、スチールのサッシを入れてあります。既存のコンクリブロックも白く塗って、海辺の雰囲気をプンプンと醸し出しています。

こちらは、海側を向いた壁です。元々隣の町家とピッタリとくっついていたので、その家があった様子をグラフィックとして残しています。ついでに、壁面も看板として利用しています。

海が見渡せる3階フロアです。川沿いにチラリと見えるのは桜並木です。ここは、和室の居間として使われていた場所ですが、あえて、床の間をそのまま残して、空間デザインの見せ場としました。全体的に白っぽいトーンでまとめてあるので、ここがより印象的な場所として際立ちます。

BREWMINが、どんな場所にあるのか、この写真を見るとよくわかると思います。手間に見える黒くて大きなボックスは、実は冷蔵庫なんです。オーナーの山本さんがスチールっぽく見えるように塗装しました。ここでもビールが提供できるようにこれから改造するみたいです。なかなかカッコ良いですよね。

ライトアップする時間帯になると、こんな雰囲気になります。店内にはここだけにしかない、オリジナルなビールがあります。プレオープンで飲ませて頂いたIPA(やや高いアルコール度数が高く、ホップの風味が強くて苦味があるビール)は最高でした!クラフトビール激戦区で修業したオーナーですから、期待して遊びに来て下さいませ!

[ ビアカフェBREWMIN ]
〒935-0012 富山県氷見市比美町24-10
電話:0766-54-6596


明石 博之

明石 博之

[組織] (株)地域交流センター企画
[役職] 代表取締役
[職業]場ヅクル・プロデューサー

1971年広島県因島市(現尾道市)生まれ。多摩美術大学でプロダクトデザインを学ぶ。大学を卒業後、株式会社地域交流センター企画に入社。東京を拠点に、全国各地のまちづくりプロジェクトのコーディネーションを行う。2009年に同社の代表取締役に就任。2010年に妻の故郷である富山県へ移住した以降は、自らがまちづくりの主体者として、歴史的建築物などの地域資源を活用した社会的なしくみづくり、ソーシャルビジネスの事業化に力を入れる。

■ 関連記事