ことりっぷ・富山

10960105_595467573886528_3429642845051396961_o

本日、発売です!表紙の写真は南砺市城端の絹織物です。
uchikawa六角堂も、じゃじゃ~っと見開き2ページで紹介して頂きました。新湊内川は「さんぽ」が定着してきたように思います。
全体を通して、しっかり丁寧に取材している姿勢が出来上がりのクオリティに表れています。北陸新幹線開通後は、ぜひ「ことりっぷ」を片手に富山を満喫してくださいませー。


明石 博之

明石 博之

[組織] グリーンノートレーベル(株)
[役職] 代表取締役
[職業]場ヅクル・プロデューサー

1971年広島県尾道市(旧因島市)生まれ。多摩美術大学でプロダクトデザインを学ぶ。大学を卒業後、まちづくりコンサル会社に入社。全国各地を飛び回るうちに自らがローカルプレイヤーになることに憧れ、2010年に妻の故郷である富山県へ移住。漁師町で出会った古民家をカフェにリノベした経験をキッカケに秘密基地的な「場」をつくるおもしろさに目覚める。その後〈マチザイノオト〉プロジェクトを立ち上げ、まちの価値を拡大する「場」のプロデュース・空間デザインを仕事の軸として、富山のまちづくりに取り組んでいる。

■ 関連記事