水辺の民家ホテル、オープン

今年の超大型連休直前、4月26日(金)、無事に?オープンの日を迎えることができました。
工事がひと段落してから準備まで約2週間、必死で駆け抜けました…。
古い建物の雰囲気を壊したくないという思いで、看板は非常に控えめ。「HOTEL」という業態看板をメインにしました。昔からよくあるボックスタイプの外灯を利用して、カッティングシートを貼ったのみのシンプルな造りです。でも、なかなか良い出来じゃないかと。デザインは、お馴染みの?ワールドリー・デザインです。

内川の対岸から見ると、こんな感じです。
「水辺の民家ホテル」の名に相応しいロケーションだと思いませんか?これは、WEBページのメインビジュアルにも使っています。色んなところに出かけた後は、静かな漁師町の夜を楽しんでもらいたいですね。

この宿は小さな町家が2軒くっついていて、それぞれ1軒貸切の宿泊スタイルです。左の棟がウミネコと言います。そして右の棟がカモメと言います。その説明については、ぜひWEBサイトをご覧くださいませ。
ちなみに、カモメの右隣に見える通路は、オフィスma.ba.lab.の内川へつながる秘密通路。

建物の前に宿のパンフレットを置いておくのですが、土日は1日20部くらいなくなります。川沿いにあるっていうだけで、結構な宣伝効果があるのがわかりました。そう、やってみて初めてわかることばかりです。

まずはカモメ棟の内装から見ていただきます。

ダイニングを吹抜けの2階部分から見た光景です。テーブルはナラの集成材の天板に、オリジナルデザインのスチール脚です。

やってみてわかった、と言えば、地元の方々から「親戚とか、息子たちが帰ってきたら、ここに泊まってもらったらいいねー」という話を沢山聞いたことは、まさにそれです。なるほどね、と思いました。予想外のニーズです。

ダイニングと同じ空間のキッチンスペースです。正面に見えるは、僕の好きな「Oji」です。アーティストの笹木さんに、ひげかもめバージョンを描いていただきました。宿泊施設となると、水回りはきちんとしておかないといけません。ましてや、古民家のリノベですと、こういった空間で「押さえ」をしておかないと、場のバランスが悪くなります。

そして、もっとも大事な「押さえ」ポイント、バスルームです。鏡の天井取付部と、照明器具がこの空間の雰囲気を牽引している、なんともいい感じになったと思います。

お風呂とトイレは、泊まっている人がもっとも無防備になる場所です。僕はいつも、ホテルに泊まるとき、バスルームがどんな空間なのか期待します。普通のユニットバスだと、もうテンションが下がりまくります。でも、気持ちはわかるのです。メンテナンスと費用を考えると、それが無難です。

このバスルームのように、モルタルとタイル、そしてホーローのバスタブ、さらにスチールのサッシなんぞ、ハッキリ言って無謀です。さらに坪庭が見える。この贅沢感がわかる方には、ゆっくりと味わっていただきたいです。(湯気で窓の外、見えなくなりますが…)

ちなみに現在、この坪庭にカエデの木を置いています。以前は、洗濯機が置いてあった場所でした。

2階はダブルベッドのある寝室です。天井を上げて、梁をちょい見せしています。やわらかい空間にしたかったため、和紙の壁にしました。調湿もできるし、珪藻土よりも若干安いです。キレイな仕上がりに大満足しています。小さな虫がコンニチワしないよう、隙間は徹底的に埋めました。

この静かな空間で、気持ちいい朝を迎えてもらいたいです。特別な朝に、なってほしいです。

内川から路地に入ってすぐのところに、ウミネコ棟の玄関があります。
路地から入るというのも、この地ならではの体験です。特注のスチールのドア、小さくした窓を埋める壁は、ガルバニウム鋼板の素地です。継ぎ接ぎだらけのサイボーグみたいな壁ですが、いかがでしょう。

路地を玄関にしたおかげで、内川に面したダイニングをこんな間取にすることができました。ブラインドを開けると、バーンと内川沿いの風景が見えます。
uchikawa六角堂から見える景色を「額縁効果」と呼んでいるように、この景色を先にイメージして、空間デザインをしました。

こちらは4名が広々座れるW1800mmのダイニングテーブルです。カモメ棟と同じデザインにしました。
言い忘れましたが、カモメ棟の土壁は灰桜色、つまりグレーに少し赤を混ぜたようなテイストの色です。こちら、ウミネコ棟はうぐいす色です。ところどころ、白色の壁もあります。

何の加工や補修もほどこしていない柱に、配線ボックスを使った照明器具です。カフェならまだしも、宿泊する空間に、こういった荒削りなやり方を許してもらるか、ちょっとしたチャレンジでもあります。

ウミネコにはバスタブはありません。シャワーのみとなります。その代わり、洗面台を2つ作りました。古民家のリノベにとって、水回りは大事な空間です。天井が低い場所に水回りをもってくるのは一苦労です。シャワー室の空間は、2階の床裏いっぱいまであげて天井を取り、足元は排水パイプの勾配が取れる、ギリギリのところまで下げました。

今回のプロジェクトをやっていて、ふと頭に浮かんできたのが「数字」でした。なんのことか、よくわかりませんよね。僕は数字が苦手ですが、広さ、色味、質感、値段などを数値化しながらデザインしている自分に、今回はじめて気づきました。

内川に面したベッドルームです。こちらもふんだんに和紙を使いました。

天井はセルロースファイバーで断熱しました。今回はじめて使ったセルロースファイバーですが、なかなか良いです!成分はリサイクルの新聞紙です。この季節、すでに気温は30℃を超す日がありますが、日中、2階の部屋にいても、なんとかエアコンなしでいけます。もちろん、真夏になるとエアコンは必要ですが、すでに断熱効果を実感できています。

直営の新しい場を経営するということは、相当のパワーを必要とするわけです。その分、得られる楽しみ、経験は計り知れません。

ものを作る人は、「いい使い手」でなければ、「いい作り手」にもなれないと思っています。いい食材に出会い、いい食事をしていない人は、いい料理人にはなれないです。

そういう思いもあって、宿という業態を直営してみたいと思いました。色々な方からヒントをもらいながら、バージョンアップしていきます。

内川沿いの漁師の町家が、民家ホテルになりました。
ぜひ、一度、ご利用ください。

水辺の民家ホテル カモメとウミネコ
〒934-0022 富山県射水市放生津町19-18(内川沿い)
TEL:090-2379-7575(9:00〜21:00)
MAIL:mizube@minkahotels.jp

WEBページ:https://minkahotels.jp/


明石 博之

明石 博之

[組織] グリーンノートレーベル(株)
[役職] 代表取締役
[職業]場ヅクル・プロデューサー

1971年広島県因島市(現尾道市)生まれ。多摩美術大学でプロダクトデザインを学ぶ。大学を卒業後、株式会社地域交流センター企画に入社。東京を拠点に、全国各地のまちづくりプロジェクトのコーディネーションを行う。2009年に同社の代表取締役に就任。2010年に妻の故郷である富山県へ移住した以降は、自らがまちづくりの主体者として、歴史的建築物などの地域資源を活用した社会的なしくみづくり、ソーシャルビジネスの事業化に力を入れる。

■ 関連記事