【いなカフェ】1/22オープンしました!!

812824_324270444339577_1538975890_o

ご報告が遅れましたが、ついに、いなカフェ・プロジェクトの第一弾!~カフェuchikawa六角堂がオープンしました!

今日でちょうど1週間が経ちましたが、この間にも沢山のドラマがありましたよ♪ それはまた追々に。

結論を出すには早いのですが、「やっぱり自分は、間違ってなかった、こんなカフェがまちには必要なんだ」と、ひとり、熱くなる感情を抑えきれない場面が幾度も…。

若い方が「わ!お洒落~」と言ってくださる一方で、75歳のおじいちゃんが「いや~、落ち着くわ~」と言ってくださる。やっぱり古民家の力って凄いです。頼むから、安易に古い建物を壊さないでほしいです。活用してみたいと思う方は、ぜひ六角堂を見に来て下さい。何かヒントがあるはずです。

写真は、六角堂のコンセプトを象徴した1枚です。
店内からまちの風景(日常)を見る、まちの日常から六角堂の店内を覗いて見る。そのギャップが面白いと思いませんか。

見方を変えると、どんなまちも素敵に見えます。いや、実際に素敵なんです。日々の営みに楽しみがある。わざわざ大袈裟なしかけをして、観光やら地域活性化のことを考えなくても、まちには沢山の「マチザイ」があるんです。

まだまだ不完全なお店ですが、お叱りを受けながら、改善し、皆さんに愛されるよう頑張っていきます。これからも、マチザイノオト、そして六角堂を宜しくお願いします!


明石 博之

明石 博之

[組織] グリーンノートレーベル(株)
[役職] 代表取締役
[職業]場ヅクル・プロデューサー

1971年広島県尾道市(旧因島市)生まれ。多摩美術大学でプロダクトデザインを学ぶ。大学を卒業後、まちづくりコンサル会社に入社。全国各地を飛び回るうちに自らがローカルプレイヤーになることに憧れ、2010年に妻の故郷である富山県へ移住。漁師町で出会った古民家をカフェにリノベした経験をキッカケに秘密基地的な「場」をつくるおもしろさに目覚める。その後〈マチザイノオト〉プロジェクトを立ち上げ、まちの価値を拡大する「場」のプロデュース・空間デザインを仕事の軸として、富山のまちづくりに取り組んでいる。

■ 関連記事