路地を飾る鉄のドア、上空にはカモメ

路地に面したA棟の入り口に、鉄製のドアが入りました。デザインをオーダーして、世界に1つしかない形のドアになりました。・・・カッコいいです!
多分、かつては板張りだったであろう路地側の壁は、ガルバリウムの外壁に変わっていましたが、あえて、ガルバリウムを楽しんでみようと思い、鉄製のドアにしてみました。さて、何色にしようかな。

リノベーション工事につきものは、スケジュールの延期です。途中、途中でいろんな問題が浮上してくると、余計な手間もかかるというもんです。職人さんたちは、3月に入ってから、平日も土日も関係なく、しかも夜遅くまで作業をしています。まだまだ寒いので、風邪なんぞ引かないようにと願います。

そんな苦労を知ってか、知らずか。すぐ隣の電柱のうえで休んでいるカモメは、朝からゆっくりとひなたぼっこをしているようです。ちなみに、カモメ、ウミネコ、トンビ、カラスは、それなりに縄張り争いをしているようで、たまに異種混合の対決をしている場面を見かけます。ちなみに一番強いのは、トンビです。

工事の状況・・・といっても、いつものように遅れ遅れで記事をアップしているので、2週間くらいのズレがあります。こちらはB棟のお風呂場です。こちらの鉄製窓も入りました。木ずりの壁はモルタルで仕上げる予定です。バスタブは工事の最後頃に入る予定です。ホーローにこだわったので、納期が遅くなりました。

2階の寝室は、まだまだ仕上がりがイメージできません。和紙の壁にしたいとお願いをしたので、ここの出来上がりはとくに楽しみにしています。B棟はダブルベッドに2名で泊まってもらう部屋になります。朝起きると、優しい光に包まれている部屋になるよう間取りを考えています。

これ、何だと思いますか? 実はスーパーファイバージェットという断熱処理の方法です。屋根と天井、壁と壁の間にノズルをつっこみ、新聞紙を粉々にしたようなものを吹き込みます。それが空気の層をつくり、断熱材となるようです。今回は、天井を中心に吹き込んでもらいました。この白い袋状の部分にびっしりと入っています。

こちらはA棟の寝室です。仕切り壁が出来て、部屋らしくなりました。正面の壁も、和紙を貼る予定です。天井に見える木の梁と和紙の壁は、きっと相性が良いはず。右に見える穴は埋め込み式のエアコンが入る場所です。こちらも早く完成が見てみたい!

壁をつくってしまう前のシャッターチャンスです。ここは鴨居の上の垂れ壁ですが、なにげに他の場所で使っていた鴨居を切って、再利用しています。材料を無題にしないのもリノベーションでは大事なこと。

ここは秘密の部屋? 倉庫として使っていた部屋を改造して、一人が泊まれる個室にしました。天井も低く、小さな窓が1だけついています。それを逆手にとって、秘密の部屋っぽくしたら面白いと思い、入り口のドアの形とか、壁の仕上げなどを工夫してあります。

さて、オープンは4月26日、という方針を出しました。今年はなんとゴールデンウイークが10連休になるそうで、ここを逃したくないと思うので、なんとか間に合わせたい!でも、時間がない!!大丈夫だろうか・・・。いや、職人さんたちを信じよう!


明石 博之

明石 博之

[組織] グリーンノートレーベル(株)
[役職] 代表取締役
[職業]場ヅクル・プロデューサー

1971年広島県因島市(現尾道市)生まれ。多摩美術大学でプロダクトデザインを学ぶ。大学を卒業後、株式会社地域交流センター企画に入社。東京を拠点に、全国各地のまちづくりプロジェクトのコーディネーションを行う。2009年に同社の代表取締役に就任。2010年に妻の故郷である富山県へ移住した以降は、自らがまちづくりの主体者として、歴史的建築物などの地域資源を活用した社会的なしくみづくり、ソーシャルビジネスの事業化に力を入れる。

■ 関連記事